So-net無料ブログ作成

茶のしずく石鹸でアレルギー症状 全国535人が一斉提訴! [訴訟]

茶のしずく石鹸でアレルギー症状全国535人が一斉提訴
chanoshizuku.jpg
chanosizuku2.jpg
テレビCMでもひんぱんに流れていた「茶のしずく石鹸」
旧製品を使って、小麦アレルギーを発症したとして
全国から被害者ら535人が販売元の「悠香」など3社を
一斉提訴しました。

現在2次提訴も検討中とのことで、最終的には、
原告の数が1000人を超えるとみられています。

問題の茶のしずくを使ってのアレルギー症状ですが、
「グルパール19S」という小麦の成分が原因で
まぶたなどの粘膜などから吸収して
小麦アレルギーを発症するようです。

厚生労働省によると今年の2月末までに、茶のしずくを使用して、
アレルギー症状を発症した人は全国で1567人います。

その中でも大阪在住の高校三年生の女性は、これまで、
茶のしずくを使ったあと、2度意識障害を起こして
病院に運ばれています。

また東京都内の30代の主婦は、2008年から茶のしずくを
使い始め、2010年にパスタを食べたあとに呼吸困難
陥って、意識を失いました

今回、「悠香」以外の被告は旧商品の製造元である
「フェニックス」とアレルギー発症の原因物資を
製造した「片山化学工業研究所」

損害賠償総額は70億4600万となり、原告数は535名
製造物責任法(PL法)に基づく訴訟としては
過去最大の原告数になるようです。



FXの仕組み 七福神の最新トレンドニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。